TokiMedia

  • Twitter
  • Instagram

スポット

2019.06.13

名作に出会える映画館に行ってきた|プラネットプラスワン

by ミスターG

 

プラネット・プラスワン

中崎町2丁目パイロットビル2階

平日20:30~、土15:00~、日11:00~

中崎町2丁目パイロットビル2階にあるミニシアター、プラネット・プラスワンに行ってきました。

もくじ…

映画館の概要

プラネット・プラスワンとは?

1995年12月1日開業。 1974年6月に発足したプラネット映画資料図書館の運営するミニシアターとして設立された。 (Wikipedia引用)

上映スケジュール

火・木は休み、平日の夜20:30~基本上映されていて土日は昼からやっています。

入っていきます

魅力的な入口と階段

記事画像

扉をあけて入ると、その日に上映されている映画が書かれた看板がありました。

上映されている映画一覧はこちら

記事画像

記事画像

これは映画館に来たらもらえる上映スケジュールが書かれた紙です。 この中で僕が気になったのは『宝の山』です。 死んだ仲間の遺産を巡って繰り広げられる物語ということで、コメディ感があって面白そうだなと感じました。

階段を上っていくと壁には映画のポスターやチラシがあり、 こんな映画あるんだ面白そう~などと楽しみながら上っていけました。

記事画像

記事画像

館内設備

記事画像

記事画像

館内の感じは席の種類はまばらで、クッションなどがあり、席と席の間も余裕があって、 普通の映画館とは違った暖かみが感じられ、ゆったり落ち着いて見られるような雰囲気でした。

  • 館内の設備
  • エアコン
  • 空気清浄機
  • クッション
  • スピーカー4つ
  • 30席
  • ドリンクコーナー

記事画像

館主の方にインタビュー

館主の方は、プチョン国際ファンタティック映画祭の審査員を担当したことがあるすごい人でした。 若手の育成もしているらしく、『リンダリンダリンダ』の山下 敦弘監督もプラネットプラスワン出身らしいです。 上映されている映画は、60年代以前のものが多く、 日本で公開されてない物やDVD化すらされてない映画もあるらしく、字幕は全て自作しているらしいです。 また、生演奏つきのサイレント映画もあるみたいです。

料金はこちら

記事画像

お客さんは映画を勉強中の人だったり、年配の方がほとんどで、中には若い人も来るらしいです。

CO2

CO2という組織を運営しているらしく、自主製作映画への制作助成、国内外を問わず優れた作品の上映。 関西圏で俳優や映画スタッフを志望する人々に、実践ワークショップや制作参加の機会を斡旋。

記事画像

また、子供から大人まで参加できる映画ワークショップの開催と共に、 旧作のアーカイブまた古いフィルムの収集などにも取り組んでいて、 映画の基礎知識を学習する講座なども開催・運営しているみたいです。 (CO2公式サイト引用)

本日のトキメキ

プラネット・プラスワンは、隠れた名作が見つかる映画館です。 映画だけでなく映画館の雰囲気も楽しめる場所です。 あなたもぜひ足を運び、名作に出会ってみてはいかがだろうか。

この記事を書いたメンバー

  • ミスターG のアイコンミスターG

次回予告

記事画像

女性向けのカフェに男がきた-01.PiccoLatte

関連記事